カテゴリから選ぶ:
商品名を入力:

  • ひと目でわかる御朱印帳えらび
  • 5,250円(税込)ご購入で宅配便送料無料!
  • 御朱印ノート

新規会員登録

会員様ログインはこちら

メールアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

現在のお買い物かご

合計数量: 0
商品金額: 0円
かごの中をみる
  • ラッピング
  • ポイントについて
  • 特定商取引について
  • 小売店様専用お問合せ

営業日のご案内

定休日は、お電話での対応はお休みさせていただいております。サイトからのご注文・メールでのお問合せは24時間受付ておりますが、ご連絡は翌営業日になりますのであらかじめご了承下さい。

2017年 3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年 4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

MOBILE

左のQRコードを読みとってアクセスすると携帯電話やスマートフォンからもご利用いただけます。

  • 御朱印ホルダー
  • 八十八ヶ所納経帖ー
HOME > ご朱印帳 > 伝統織物 > 伊勢木綿

伊勢木綿

伊勢木綿
昔、伊勢木綿は伊勢参宮のみやげ名物として売られていました。
伊勢木綿の歴史を知る。
古き良き伝統を継承する臼井織物株式会社

伊勢木綿の御朱印帳

表紙は伊勢の国の伝統織物「伊勢木綿」を使用。
風合いのある紺地に緑、桃、赤、灰色と鮮やかなお色の縞模様です。
明治期においても品質を落とさず、最新の織機を導入してきた伊勢木綿。木綿専門の機屋として、ただ1軒になった今も生産は続けています。
しっかりとした糸の打ち込みが自慢の伊勢木綿。
なおかつ風合いを崩さないという、作り手の気骨が伺える仕上がりになっています。今回伊勢木綿のご朱印帳は伊勢神宮の式年遷宮の年に作られました。

昔、伊勢木綿は伊勢参宮のみやげ名物として売られていました。

古くは江戸時代から受け継がれてきた伊勢木綿。今なお柔らかな肌触りと昔ながらの風合いが人々の間で喜ばれ、愛され続けております。

かつては、伊勢国地方において農業の副業として始まった木綿づくりも、江戸に販路を開拓し、大伝馬町に「伊勢店」を出店、これが「伊勢木綿」の始まりとなり、さらに藩主藤堂氏が木綿産業を奨励。「丈夫で長持ち」との評判を高め、庶民の間に深く広く浸透し、今日、伊勢木綿としてその名を津々浦々に広めています。

伊勢木綿には経糸(縦糸)と緯糸(横糸)を共に紺に染めて織る紺木綿(こんもめん)の他、縞木綿(しまもめん)、白縞格子木綿(しろしまこうしもめん)等、豊富な種類も魅力の1つであります。

また、染色も時代の欲求に対応する一方、昔ながらの藍染め、草木染めなどの伝統も永く継承され、世代を超えた商品として、古くから伊勢参宮の旅のみやげとして親しまれています。

伊勢木綿の歴史を知る。

奈良時代
大和朝廷より錦織の技術が伝わる。
室町時代
綿の種が伝来、伊勢の地方は土、水、天候、冬場の肥料鰯に恵まれ一大産地になった。
17世紀以降
伊勢の「白雲織(紺無地)」は「伊勢晒」と共に有名になり、縞模様も織られるようになって、伊勢の国から来た木綿、つまり「伊勢木綿」と称し、商人によって江戸大伝馬町の伊勢店で大量に扱い、販路は遠く東北地方、北海道にも及んでいた。
明治二十年
伊勢織物組合が結成され、質の悪い織物を取り締まり、折萌黄(おりもえぎ)といった独創的な製品を考案し、販売の拡大を図った。さらに、伊勢染生産組合を組織し硫黄染に着手し、仕上がりの良い物を生産するに至った。

伊勢という地において、木綿産業は他の地域(三河、河内等)と同様に、その気候、水、土、労働力、運送と江戸時代当初より恵まれ、飛躍的にその生産量を伸ばし、特に明治に入り国の政策、及びトヨタ式織機等の革新織機にもより、一大産地となりました。しかし、戦後化学繊維の発展、生活の洋風化、及びその製造業者が零細であり時代を読む力がなかった為、廃業するところがたくさんありました。

また、地元でもつい50年程前まで、たくさんの織物工業があり、一大産地であったことなどだれも知らないのが現状です。

古き良き伝統を継承する臼井織布株式会社

江戸時代中ごろに現在の亀山市の三つ寺 というところから現在に近いところに出てきたそうです。紺屋をはじめ、江戸時代の終わり頃出機から織り機を並べ、近所の人に働きにきてもらうようになったそうです。明治に入り、出機という形から手織り機を並べ織物業も兼ねていました。

臼井忠吉が、明治二十年ごろ豊田織機を購入しましたが、出機、手織り機も並行して使っていたそうです。臼井安太郎、臼井一郎、臼井賢一と増産に次ぐ増産で昭和二十四年に個人商店(臼井商店)から臼井織布株式会社と成りました。

地元では、つい50年程前までたくさんの織物工業があり、一大産地でありましたが現在では伊勢木綿の織元は臼井織布株式会社のみとなりました。

伊勢木綿の御朱印帳

表紙は伊勢の国の伝統織物「伊勢木綿」を使用。風合いのある紺地に緑、桃、赤、灰色と鮮やかなお色の縞模様です。明治期においても品質を落とさず、最新の織機を導入してきた伊勢木綿。木綿専門の機屋として、ただ1軒になった今も生産は続けています。しっかりとした糸の打ち込みが自慢の伊勢木綿。なおかつ風合いを崩さないという、作り手の気骨が伺える仕上がりになっています。伊勢木綿のご朱印帳は伊勢神宮の式年遷宮の年にはじめて作られました。


23件の商品がございます。

伊勢木綿のご朱印帳-63(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-64(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-65(格子)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-66(格子)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-68(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-69(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-67(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-45(格子)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-46(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-57(格子)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-59(格子)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-61(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-76(格子)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-74(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-73(縦縞)

販売価格 1,900 + 税

伊勢木綿のご朱印帳-72(格子)

販売価格 1,900 + 税


開く
閉じる

ご存知でしたか?

表示しない